ページビューの合計

2017年12月8日金曜日

伊勢湾乗合船釣り(シュモクザメを食す)

(木曜日の釣り)

今回は仕事をさぼって乗合船での船釣りにトライすることにした。

勝手がわからない乗合船への初挑戦はハードルが高いところだが、Sさんの案内ということで不安はない。

車を走らせ7:30に出船場所へ到着。Sさんはすでに到着していた。

挨拶をし、釣り道具を船へ積み込む。

他にやることといえば同船者への挨拶くらいだ。料金は前払いと思っていたが御常連のSさんだからか下船後だった。

いつものマイボートだと車への積み込み、そして組立て、よって早起きと一苦労だが、いや~これは楽でいいわ~。

自前で道具や仕掛けは準備したが、Sさんから微妙なダメ出しをもらい、結局、Sさんよりタックルと仕掛け一式を借りることとなった。(感謝)

さらに、一番いい釣座まで譲っていただいた(大感謝)

8:00出港。

気温は1、2℃程度。今シーズン一番の冷え込みだった。


寒さを除けば快適なクルージングだ。


この大きい船で4名の釣り人。ゆったりしてなかなか贅沢である。

9:20分頃、ポイント到着。

エサである活きのいい小エビが提供された。上げ膳据え膳というやつだ。

このエビで釣れなければどんなエサでも釣れんのではないか?というような期待感があった。

ミニボートとは違い、釣りに専念できる環境だ。

実釣…

むむ、釣れん!

Sさんが前回乗船した時は爆釣だったようだが今回は終始渋い状況だった。


約、二時間ほどは糸を垂れただろうか。ここまで25cmくらいのマダイとカワハギのみ。

たまにモゾモゾしたアタリがあるが釣れない。エサ盗りのカワハギと思われる。カワハギも本命の鯛以上にいい獲物だが、大きい鯛針では針がかりは難しい。このカワハギもよく針がかりしたものよ。

その後、25cm級のマダイを追加。

あまり釣れないのでポイントを頻繁に移動した。そのせいか移動時間を費やし、釣る時間は少なくなってしまっている感じだった。最終的に5箇所くらいまわった。

渋い日はどのポイントへ行っても渋いようだ。

我慢の釣りが続く中、

ついに、

この日の船中で一番の大物が!


80cmほどのシュモクザメ… 

船長「海へポイせよ」

私「持って帰って食べます」

船長「…」

その後、ようやく35cmくらいのクロダイを追加。



船長が何とか釣らせようと頑張ったので長時間の釣行だった。15:00くらいまでやっただろうか。

前回の爆釣とはうってかわって船中渋い釣果だったもよう。

25cm級マダイ×2、35cmクロダイ、25cmカワハギ、80cmシュモクザメ


釣れなかった時のマイボートの片づけほどウンザリするものはないが、荷物を降ろして帰るだけ。こりゃ楽でいいわ~

今回は釣果はイマイチだったが、今後のマイボート釣りでの釣果アップのヒントも得られた。また乗合船での釣りには挑戦したい。


(料理)

カワハギの刺身と肝醤油…美味し!

マダイの塩焼き…美味し!

さて、船長が捨てろと言ったシュモクザメだが、捨てる捨てないのを判断するのは一回食べてみてからだ。

まずはお刺身で。



シュモクザメの刺身

色合いはメカジキかエソのようだ。

いただきまーす。

むむ?シュモクザメの刺身いけるぞ。若干ぬめりがあるか。新鮮さゆえか懸念したアンモニア臭さはまったくない。普通の刺身と同じだぞ。

しかし、

なぜか食べすすめるほど箸が進まなくなる。普段美味い刺身を食べているせいかもしれないが… けっして臭いとかいうわけではないのだが。

脂分が少ない。マヨ醤油で食べてみる。美味しくならない。脂がのっているのっていないとかそういう話しではない。これは身の味に魅力がないということだ。

味わいがどんよりしている。華やかさがない。今まで釣って食べたお魚で例えるならクロダイのような感じか。でもクロダイの刺身はまずまず美味しく箸が止まることはない。

刺身はいまひとつなので、醤油にミリンを少し足した汁に漬けて照り焼きにした。こちらのほうがいい感じだ。旨みはともかく、身のふっくら感は抜群だ。脂ののっていないブリの腹身ぽい。これなら唐揚げなんかもいけそうだ。まだ身はたっぷりあるので試したい。

今回のような貧果の時の保険としてシュモクザメの持ち帰りはありか。でも人様に差し上げるのは控えよう。

2017年12月4日月曜日

伊勢湾夜釣り9(深夜の陸釣り)

(日曜日の釣り)

日曜の早朝の釣りというのか、それとも土曜の深夜の釣りというのか… 午前2時から4時までのどちらとも言えないような時間帯での釣行。

そんな時間帯から釣りに行くとは傍からみればキチガイか?と思われても仕方がないと自覚するが、同類と思われるTさんと同行(失礼!)

まずは、大潮の干潮ということでガサってみる。

何かしらちょこちょこ獲れたが、ここでは珍しい大型のモクズガニをゲット!

今まで何度かモクズガニを捕獲しているが、どんな味がするのだろう?ということで持ち帰って食べてみることにした。


帰宅後…

可食部が少ないというのはわかっていた。せめていい出汁が取れればと茹でるも… ほとんど出汁が出なかった。

モクズガニと言えばズカニ汁が有名。生のまま最低2、3匹を粉々にして出汁を取らなければ旨味は出ないという感じだった。

話しは釣りに戻り、

エサを付け、順次ぶっこんでいく。

スーと仕掛けが横に流されて行く。陸地からみて左右どちらかに流れが出ている時はセイゴのジアイであることが多い。

これは期待できるぞ!と思ったら、釣り開始後、ものの5分もしないうちにTさんがマダカクラスを釣り上げた。50を超えたか?というようないいサイズだった。この日のビックワンだった。

その後、潮の流れは止まったせいか最初の勢いはなくなったものの、セイゴの他、アナゴやミニセイゴが混じり退屈するということはない。

1時間経過

いいペースで釣れ、

体力の限界というかもう充分というタイミングでエサもわずかとなって納竿とした。


マダカ51cm以下10匹、アナゴ8本、ハゼ2匹

天ぷら、干物と食べて美味しいアナゴは良型が揃った。イレグイは言い過ぎも忙しい釣りだった。

クソ寒い深夜に出向いたおかげか2時間あまりでこれだけ釣れたのは満足です。

2017年11月26日日曜日

伊勢湾ボート夜釣り2(キジハタ)

(土曜日の釣り)

すっかり寒くなってしまったが、ようやく仕事が落ち着いてきたので出撃態勢は整っている。あとは海況次第だ。

この日は風も波も大人しい予報ということで、またまたボート夜釣りへと出撃!

現地は前回のようなベタ凪とまではいかなかったが予報どおりで問題なし。

遅くなってしまって19:00から開始。

18:00~19:00までが釣れるゴールデンタイムと思われる時間帯だが、出遅れてしまったせいかアタリは少ない。

リリースカサゴがポチポチ釣れる我慢の釣り。

ようやく25cmのメジナが釣れてやれやれ。

その後も我慢の釣りが続いたが、我慢のかいあってか、


やった!

狙いのキジハタが釣れてくれました。30オーバー。

その後、そのキジハタ以上の強い引きのやつがかかった。

さらなるでかいキジハタではないか?と期待して上がってきたのは、


40オーバーのセイゴ。

本来なら嬉しい獲物だが、前回釣ったのを食べたら石油臭かったのでリリースした。以前は全然臭くなかったのにどうしたことか。

前回釣ったメバルも若干臭ったので、メバルとセイゴは、ここではもう釣って嬉しい獲物ではなくなってしまった(泣)

スーパーで買った鶏肉が機械油臭いということもあった。石油臭さと同じような嫌な風味だ。匂いというか咀嚼した後の鼻に抜ける風味だ。石油臭いものや機械油臭いものは気持ち悪くて食べられない。



キジハタ35cm、メジナ25cm、カサゴ22cm以下

いやいや~、渋い中でいいキジハタが1匹釣れてくれて助かった~

(料理)

キジハタの刺身とカサゴの刺身

前回釣った29㎝のキジハタは脂がのってませんでしたが、6cmのサイズアップは大きく、まずまず脂はのっていて美味みアップだった。臭みなし。

キジハタはもっとでかいやつが居る。いつの日か釣り上げたい。

2017年11月18日土曜日

伊勢湾ボート夜釣り(五目釣り)

(金曜日の釣り)

仕事が忙しいのと、休みの日の天気の相性が悪くあまり釣りに行けなかったが、この日は夜釣りなら行けるぞ。

ここ最近の気温は一桁台で一気に冬の様相。しかし、ベタ凪予報ということで、今年初のボート夜釣りを敢行。

17時半。すでに外は真っ暗。

 準備完了


 海上は予報通り凪だった。不安が和らぐ。

18:00頃、釣り開始。


二、三投すると20cm位のメバル。

波があると写真を撮るのは辛いが、この日は余裕の海上だった。

日没時刻から1時間後が釣れやすいのだが、ちょうどその頃から始めたせいか、出足から好調に釣れる。

30cm弱のメジナ

メジナの引きは強烈!

 42cmのセイゴ

ライトタックルで強烈な引きを見せるお魚とのやりとりは楽しい。

楽しい釣りが続いていたが、ジアイが終わったのかあたりが止まってしまった。

仕方がないので底をずる引きするとカサゴが相手にしてくれる。20cm以下はリリースだ。

カサゴしか釣れないので場所移動。

ここでもカサゴしか釣れないが、我慢してやっていると、


やった!キジハタが釣れて五目釣り達成!

エサもほぼ無くなったので上がることに。



18:00~21:00まで


セイゴ42cm以下、メジナ28cm以下、キジハタ29㎝、カサゴ22cm以下、メバル20cm

(料理)

 キジハタの刺身と皮の湯引き


メジナの刺身(二尾分)

終始穏やかな海上で、美味しいお魚が色々釣れて満足しました。

2017年11月4日土曜日

伊勢湾夜釣り8(マダカ)

(金曜日の釣り)

前回は細アナゴばかりに終わった。今日こそはマダカ釣るぞ~とばかりに、いそいそと夜の海へ。夜釣りモードに入ったようだ。


ベタ凪で絶好のコンディション。

チビセイゴの邪魔が無ければ釣れるはず。


キープ1匹目は30ちょいのアベレージサイズ。

前回はチビセイゴの猛攻に遭ったが今回はチビセイゴが少ない。

前回のエサは釣具屋で買ったアオイソメ(中)だった。これがまるでイシゴカイのように細くチビセイゴの猛攻を招いた原因かもしれなかった。今回はアオイソメ(太)をチョイス。

しかし、以前、太サイズを買ったら、30cmあるんじゃないかというような仔ヘビのようなアオイソメということがあった。量り売りなので当然その数は少ない。あっという間にエサ切れしてしまった。

虫エサはたいてい団子状になっている。指でつついてほぐし、実際のサイズをよく確かめてから買うべし。


ジアイという感じはなく、30オーバーのセイゴと細アナゴを着々と増やした。

そして、ついに、やっとマダカと呼べるサイズがきた!

 46cm


最初軽かったクーラーは、最後にはかなり重くなった。

もちろん、ささっと釣れるはずもなく、

実際は7時間半にもおよぶ大釣行だった。


セイゴは最低でも34cmあったのですべて刺身にした。お気に入りは塩抜きの昆布締め。


しっかし、この46cmのマダカの体高と厚みがすごい。すぐ下のマダカは40cmあるが、体長6cmしか変わらないのにまったく別の魚のようだ。

その体高の高さから、もしかしてヒラスズキかも?と思い魚図鑑を開いて同定を試みるが、普通のスズキ(マダカ)で間違いないようだ。

なんとか1匹いいのが釣れてよかったよかった。

これで満足してひと息つくのか?それとも、もっとデカいやつを!とばかりにまた夜の海へと向かうのだろうか…

2017年11月1日水曜日

伊勢湾夜釣り7(アナゴ)

(火曜日の釣り)

マダカ狙い。あわよくば前回のように接岸ビックカレイを期待して出撃。


天気予報どおり。ベタ凪とまではいかないが、まずまずのコンディション。

竿5本分をぶっこむ。

開始直後からチビセイゴの猛攻。

そんな中、最初のキープ1匹目は太いアナゴ。約43cm。大きいアナゴは脂がのってうまい。外道とは言えいい獲物だ。


チビセイゴを釣っては投げ捨て、釣っては投げ捨て…

ほとんどのチビセイゴは針を飲む。リリースして海に帰っていけるのは10匹中1匹といったところ。

忙しかったおかげで寒さは凌げた。忙しいと言ってもほとんどチビセイゴのアタリ(泣)

結局、約5時間近く粘ったが、チビセイゴ約25匹、アナゴは最初の1匹以外は小型しか釣れず…

マダカやカレイのアタリはなく大物とのコンタクトは得られなかった。唯一は、終盤に約35cmのセイゴを取り込み直前に1匹バラした。

今回購入のアオイソメはやけに小さかった。それで小魚ばかりが喰ってくるのではないか?とエサのせいにしたくなった。

前回からナイロンラインをやめてPEラインによる投げ釣りだったが、仕掛けが投げた瞬間切れたのは3回もあった。前回は全く問題なかったが3回も切れるとは!

高切れした大きい原因は、ぶん投げる時のPEラインとガイドの擦れではないだろうか?前回はPEラインが新品で何とかもったが、二回目にしてはやくも擦り切れ劣化したとしか思えない。(シリコンスプレーはPEに念入りに吹き付けてある。)

後半はもう、高切れが怖くて思い切りぶん投げることができなくなっていた。少しでも沖へ投げたほうが大物の確率は高いだろうに。

また、35cmセイゴのバラしもPEラインによる伸縮力の無さからと感じた。

ネットで検索するとPEラインによる投げ釣りには力糸なるものをリーダーとして結ぶと切れにくいという。しかしそれも面倒なことだ。次回からはアタリの感度は落ちるが、思いっきり投げれられるストレスフリーなナイロンラインに戻そうかと思う。



釣り味は乏しく捌くのが少々手間なアナゴ。しかし抜群に美味しいので今回の釣りは良しとしましょう。

2017年10月28日土曜日

伊勢湾夜釣り6(イシガレイ)


(10月10日の夜釣り)

ブログの更新はしていませんが、たまには釣りには行っております。ミニセイゴだけの釣果ではブログを書く気もおきない。

もう、ミニセイゴはいらん!というわけで、エサ釣りでのミニセイゴの猛攻を嫌ってルアー釣りへ。

30分ほどシンキングペンシルで中層を狙うもミニセイゴ1匹釣れず。次に根掛かりを気にしながらメタルバイブで底を狙うと何かかかった。

ほとんど抵抗を見せず寄せるが、取り込み直前、水面下でひと暴れして逃げてしまった。顔は見ていないがおそらく、それほど大きくないマゴチだろう。結局、2時間やってこの1回のやりとりのみ。

ルアー釣りは、片付けが楽でいいがやはり根気がいる。アタリがないと、もしかして魚がいないところで懸命にルアー引いて無意味なことをしているのではないかと疑いの気持ちが出てくるのだ。まあ、エサ釣りにしても同じことだが、労力を使う分、その傾向が強い。


(10月26日の夜釣り)

ルアーは根気がいるし難しい。再びエサでのぶっこみ釣りに戻す。ミニセイゴの中から少しでもいい型を拾うしかない。

竿5本をぶっこむ。これまではナイロンだったラインはすべてPEにした。これで小魚がきても竿にセットした鈴が鳴る感度が高まった。チリンと鈴が1回か2回かすかに鳴った場合は、小魚がついているかエサが盗られている場合がほとんどだ。



台風などで天気が悪い日が長く続いていたが、波なし、風なしの絶好のコンディション。


開始して15分くらいか、最初の1匹目はミニでなく、いいセイゴ(36cm)

やはりミニセイゴはよく釣れる。


そんな中、アナゴがダブルできて仕掛けがグチャグチャになった。これはいかんと言うことで2本針から1本針仕掛けに変更した。

さらに31センチのセイゴが釣れた。なかなか好調だぞ。

ミニセイゴたくさん、小アナゴポツポツの中、きましたきました!

ヒラメ?カレイ?!エイ以外の平たい魚で、こんな大物は初めてだ。



イシガレイ38cm

カレイは晩秋から産卵のため接岸してくる。いよいよシーズンインか。(腹を裂くと予想通り抱卵個体だった。)




ミニセイゴがかなりうるさかったが、いいカレイが釣れたし、やっぱりエサ釣りだな。